マインドフルネス瞑想:忙しい日常から抜け出すためのリラックス法

マインドフルネス瞑想:忙しい日常から抜け出すためのリラックス法

当サイトにお越しくださり、ありがとうございます。

95人の皮膚科医が研究・開発した
独自開発の安定型中性ビタミンC誘導体を10%配合
こだわり抜いたフェムケアブランドクリーム
「up me(アップミー)」スタッフ佐藤でございます。

 

このテーマは「マインドフルネス瞑想:忙しい日常から抜け出すためのリラックス法」です。

 



現代社会に生きる30代、40代の女性たちは、日々の生活の中で、多くの役割と責任を担っています。

 

仕事のデスクでの応援、家庭での心温まる存在、友人関係を維持するソーシャルな役割と、止まることのない忙しない日々。

 

そんな折り、マインドフルネス瞑想は忙しい私たちにほんの少しの空間を提供してくれるかもしれません。

 

この記事では、マインドフルネス瞑想を用いて、簡単に自宅でもできるリラックス法と、日常から抜け出すコツについて探求していきます。

 



マインドフルネス瞑想とは



マインドフルネス瞑想は、心を現在に集中させ、過去や未来の思考から解放する瞑想法の一つです。

 

 

この実践によって、日々の忙しさに流されることなく、今この瞬間に意識を向けることができるようになります。

 

精神の安定やストレス軽減に効果があり、世界中で数多くの人々がそのメリットを享受しています。

 


忙しい日常からマインドフルネスで抜け出す



日常が忙しい中、マインドフルネス瞑想に取り組む時間を見つけることは一見挑戦的に思われるかもしれませんが、実はマインドフルネスは非常に柔軟な実践であり、日々の生活に簡単に取り入れることができます。

 

たとえば、朝のコーヒーを飲む5分間、ランチブレイク中の短い散歩、夜にベッドに入る前など、1日の中でマインドフルネスの練習を取り入れることが可能です。

 

 



自宅でのマインドフルネス実践法



自宅でも、マインドフルネス瞑想は実践できます。

 

快適な座り場所を見つけ、静かな音楽をかける、あるいは完全な静寂の中で、目を閉じ、深呼吸を始めます。

 

息を吸う、そして息を吐く。この呼吸に意識を集中させ、頭に浮かぶ雑念を優しく観察し、それから手放します。

 

日々の練習を積み重ねることで、マインドフルネス瞑想はより自然なリラックス法となっていきます。

 



瞑想のコツ



マインドフルネス瞑想のコツは「非判断」です。

 

自己批判や周りへの批判をせず、単に「あるがまま」の状態を観察することが重要です。

 

また、瞑想中に脳が雑念に走るのは自然なこと。その都度、焦らず優しく呼吸に意識を戻すことが瞑想の流れを作ります。

 

 



忙しい女性にとってのリラックス法



30代、40代の女性が直面するストレスは多岐にわたります。

 

キャリア、家庭、親の世話、子育てなど、彼女たちのタスクリストは尽きることがありません。

 

リラックス法としてのマインドフルネス瞑想は、少しの間日常から抜け出すための呼吸空間を提供します。

 

たとえば、家事の合間に数分の瞑想を取り入れることで、心のバランスをとるのに役立ちます。

 



簡単なマインドフルネス瞑想の実践法



瞑想の初心者であっても、以下のステップは日々の生活の中で簡単に始めることができます。



1. 静かな場所を見つける:家の中で落ち着いたスペースを設定しましょう。


2. 快適な姿勢を取る:椅子に座る、床に座布団を敷いて座るなど、リラックスできる体勢を取ります。


3. 目を閉じる:目を閉じて、内なる世界に意識を向けます。


4. 呼吸に注意を払う:息を吸って、息を吐いて。自然なリズムで呼吸を続けます。


5. 余計な考えが出てきたら、また呼吸に戻す:雑念が出ても、それに執着せず呼吸に意識を戻します。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今からできることも多くあります。

1つでも実践してみてくださいね!

ブログに戻る