VIOケアを始める前に!絶対に知っておきたい基本のキ

VIOケアを始める前に!絶対に知っておきたい基本のキ

当サイトにお越しくださり、ありがとうございます。

95人の皮膚科医が研究・開発した
独自開発の安定型中性ビタミンC誘導体を10%配合
こだわり抜いたフェムケアブランドクリーム
「up me(アップミー)」スタッフ佐藤でございます。

 

今回のテーマは「VIOケアを始める前に!絶対に知っておきたい基本のキ」です。

 



はじめに



近年、デリケートゾーンの美容に対する意識が高まっています。

 

特に30代、40代の女性の間で注目されているVIOケアですが、適切なケアを行うためには正しい知識と方法を知っておくことが大切です。

 

そこで、ビタミンCを始めとする成分に注目し、VIOケアの基本を解説していきましょう。

 

 



ビタミンCとデリケートゾーンの関係



ビタミンCは肌の健康を保つためには欠かせない成分で、特に抗酸化作用があります。

 

デリケートゾーンは刺激に弱く、摩擦や脱毛などの外的要因によって肌トラブルが起きやすいエリアです。

 

そういった肌ダメージを予防し、ケアするためにはビタミンCが有効です。

 

 



ビタミンCの種類と特徴



ビタミンCはそのままの形(L-アスコルビン酸)以外にも、ビタミンC誘導体が存在します。

 

L-アスコルビン酸は即効性が高いですが、水に溶けやすく酸化しやすいという欠点があります。

 

一方で、ビタミンC誘導体は肌への浸透がゆっくりとして安定性が高く、肌への刺激も少ないため、デリケートゾーンケアに向いています。

 

 



くすみに対するビタミンCの効果



VIOケアで特に注目されるのがくすみに対するアプローチです。

 

くすみはメラニンの蓄積や血行不良などが原因で起こりますが、ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する作用があります。

 

これにより、くすみのケアや予防が期待できるのです。

 

 



ビタミンC配合クリームの選び方



デリケートゾーン用のクリーム選びは、ビタミンCの種類だけではなく、肌に優しい成分が含まれているかも重要です。

 

無香料や無添加、低刺激性を謳っている製品を選ぶと良いでしょう。

 

また、使用感や肌なじみの良さもチェックポイントです。

 

 



VIO脱毛とビタミンCケア



VIO脱毛を行うと、その後の肌が敏感になりがちです。

 

ただでさえデリケートな部分がさらにデリケートになるため、ケアは丁寧に行う必要があります。

 

脱毛後の肌へビタミンCを含んだクリームやローションを使用することで、肌の鎮静やトーンアップが期待できます。

 

 



VIOケアの手順



VIOケアは以下の手順で行うのが基本です:



1. 清潔な状態にする:まずデリケートゾーンを優しく洗い、清潔にします。


2. クリームを塗る:ビタミンC配合のクリームを適量手に取り、優しくマッサージするように塗り込みます。


3. 保湿を心がける:クリームの後に、さらに保湿力の高いローションやオイルで肌を保護します。

 

 



VIOケアの注意点



- 強すぎる成分は避け、肌にやさしい製品を選びます。


- 手荒な扱いを避け、優しくケアを行います。


- 状態に異変があった場合は、すぐに使用を中止し、専門の医師に相談します。

 

 



まとめ



ビタミンCはVIOケアにおいて非常に有効な成分です。

 

しかし、デリケートゾーンは非常に敏感なため、選ぶ製品には十分気をつける必要があります。

 

正しい知識を持って、適切なケアを行いましょう。

 

くすみのケアから保湿まで、ビタミンCを含む製品を上手に活用して、美しいVIOゾーンを目指しましょう。

ブログに戻る