シャワータイムを使って、デリケートゾーンケアのコツ

シャワータイムを使って、デリケートゾーンケアのコツ

当サイトにお越しくださり、ありがとうございます。

95人の医師が研究・開発した
独自開発の安定型中性ビタミンC誘導体を10%配合
こだわり抜いたフェムケアブランドクリーム
「up me(アップミー)」スタッフ佐藤でございます。

 

今回のテーマは「シャワータイムを使って、デリケートゾーンケアのコツ」です。デリケートゾーンケアとは、一言で言うと女性がよりクリーンで健康的な生活を送るために不可欠な身体のお手入れの一つです。

 

通常、外部からの目に触れることが少ないからこそ、知識を持ちにくいもの。しかし、30代、40代と歳を重ねるにつれ、この大切なケアを怠ると、様々な肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

 

そこで今回は、忙しい毎日の中でも効率的にデリケートゾーンケアを実施するための、シャワータイムを活用したコツをご紹介します。

 


デリケートゾーンのくすみとは

 


デリケートゾーンに生じるくすみは、加齢、ホルモンバランスの変化、衣服による摩擦、または脱毛による肌への刺激が原因で起こります。

 

特に30代、40代の女性は、産後のホルモン変化や生活習慣の変動により、デリケートゾーンのケアが必要になってきます。

 



シャワータイムでできるデリケートゾーンケア



シャワータイムは、デリケートゾーンケアに最適な時間です。
お湯により血行が促進され、クリームなどの有効成分が肌に浸透しやすくなります。以下のステップでケアを行いましょう。

 


1. 温かいシャワーでやさしく洗浄



強すぎる水流はデリケートゾーンのバリアを傷つける可能性があるため、優しい水流でやさしく洗い清潔に保ちましょう。

 

また、アルカリ性の石けんではなく、弱酸性のものを使用することが肝心です。

 

 

2. ビタミンC誘導体を含むケア製品の使用



ビタミンC誘導体は、くすみの原因となるメラニンの生成を抑え、肌を明るく整える働きがあります。

 

シャワーで毛穴が開いている状態でビタミンC誘導体配合のクリームを塗ることで、より高い効果が期待できます。

 



3. 保湿は欠かさずに



洗浄後は、そのままにしておくと乾燥を招きます。

 

デリケートゾーン専用の保湿クリームやオイルでしっとりと保湿することが大切です。

 

特に脱毛後は肌が敏感になっているため、保湿には気を配りましょう。

 



4. 衣服の摩擦に注意



ケア後は、締め付けすぎない通気性の良い下着を選ぶことがポイントです。

 

余分な摩擦を避け、肌への負担を最小限に抑えましょう。

 



トラブル回避のための注意点



デリケートゾーンケアを行う上で、以下のことに留意してください。

 


強く擦らず、優しく洗う


清潔なタオルで優しく押さえて水分を取る


日常的に保湿を行い、乾燥を防ぐ


締め付けない下着を選ぶ


定期的に専門医に相談する

 

 

 


脱毛とデリケートゾーンケア



脱毛はデリケートゾーンのケアを行う上で重要な要素です。

 

毛の処理をして清潔に保つことで、不快な臭いや炎症などのトラブルを回避することができます。しかし、脱毛による肌へのダメージには注意が必要です。

 

温かいシャワーで十分な保湿を行い、肌を健やかに保ちましょう。

 



シャワータイムを使ったケアの効果



シャワータイムを活用することで、デリケートゾーンのケアは格段に効率的になります。
温水によって血行が促進されることで、美容成分が肌深くまで浸透しやすくなります。

 

また、肌の保湿状態を最適に保てるため、脱毛後の肌トラブルを未然に防ぐことができます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

まず1つ実践してみてくださいね。

ブログに戻る